FC2ブログ

かながわベトナムビジネス懇談会

かながわベトナムビジネス懇談会は日本ベトナム友好協会神奈川支部内に設置されています。セミナー、イベント、研究会、語学講座などを通じてさまざまな分野の交流が可能です。

仁川大のベトナム人研修生160人が一斉に姿消す

仁川大学校

仁川大のベトナム人研修生160人が一斉に姿消す…風俗店?工事現場?
Chosunh朝鮮日報Online 2019/12/10

韓国語を学ぶために国立仁川大学に語学研修に来ていたベトナム国籍の研修生約160人が一斉に姿を消した。当局は研修生らの行方を追うとともに、実態調査に乗り出した。 続きを読む
スポンサーサイト



2025年には普及率67%、「5Gスマホ」市場はこう動く

5G1912.jpg

2025年には普及率67%、「5Gスマホ」市場はこう動く
ビジネス+IT 2019/12/9

米国による華為技術(以下、ファーウェイ)の禁輸措置が続くなど、大きな変動を見せているスマートフォン市場。5Gの商用化が本格化している中で、同市場は今後どう変化していくのだろうか? 

調査会社Counterpoint Technology Market Research(以下、カウンターポイント)のTom Kang氏が、2020年以降の市場予測やトレンドなどを解説する。 続きを読む

気候リスク指数で日本ワースト、比が2位

気候リスク1912

気候リスク指数で日本ワースト、比が2位
NNA 2019/12/6

ドイツの非政府組織(NGO)「ジャーマンウオッチ」は4日、台風や洪水などの気象災害の影響をランク付けした報告書「世界気候リスク・インデックス」の2020年版を公開した。

日本が18年7月の豪雨で甚大な被害を受けたことなどから世界183カ国でワースト1位となり、大型台風の被害を受けたフィリピンが同2位だった。 続きを読む

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化

昇給率1912

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化
NNA 2019/12/6

株式会社NNAの調査によると、アジアで事業展開する日系企業の現地社員の2020年昇給率は4.9%と、19年実績比で0.5ポイント低下する見通しだ。 続きを読む

東南アジアで中国のプレゼンスが強化

asia1912.jpg

東南アジアで中国のプレゼンスが強化
~ASEAN投資3倍、新ルート開設で中-ASEAN貿易は急拡大~

AMP 2019/12/6

米中貿易摩擦の長期化が予測されるなか、中国に製造拠点を構えている国内外の企業は東南アジアへの移転を検討しているといわれている。これをきっかけとして中国-東南アジア間の経済活動がさらに飛躍する可能性がある。

ASEAN(東南アジア諸国連合)を専門とするシンクタンクAMROがこのほど発表したレポートによると、2018年中国の対ASEAN投資はストックベースで1,500億ドル(約17兆円)に達する見込みだが、米中貿易摩擦の影響で2035年には3倍以上拡大し5000億ドル(約56兆円)近くに達する可能性があるという。一方、ASEANから中国への投資も2018年の600億ドル(約6兆7000億円)から2035年には2000億ドル(約22兆4000億円)に達する見込みだ。 続きを読む